top of page
  • 執筆者の写真HHY Tim

プラスチック射出とは?

プラスチック射出成形プロセスの9ステップ、原理、プロセスを一度で理解しよう!



プラスチック射出って何?

プラスチック射出成形プロセスの9ステップ、原理、プロセスを一度に理解するために、ここで一緒に学びましょう!

プラスチック射出の意味やプラスチック製造過程を知りたいですか?


私たちの日常生活には、プラスチック製の製品が数多く存在しています。

でも、それらがどのように作られているか知っていますか?この記事では、プラスチック射出成形プロセスとそのステップを説明します。これを読めば、5分でその原理とプロセスを理解できますよ!

「プラスチック射出成形」という言葉を初めて聞いたという人もいるかもしれませんね。それは、私たちの日常生活における多くの商品がプラスチック製であり、例えば、よく使うカップやボトル、ボールペンのキャップや筆管、リップスティックや化粧品のケースなど、プラスチック製品は多種多様な商品を生み出し、大きなビジネスチャンスを秘めています。そして、これらのプラスチック製品の生産方法の中でも最も一般的なのがプラスチック射出成形なのです。では、この「プラスチック射出」って一体何なのでしょうか。それを鑫宏益(HHY)がこれから詳しく説明していきますよ。


プラスチック射出って何?その原理は? プラスチック射出成形とは、プラスチック製品を製造する技術のことです。「プラスチック射出成形」は、私たちが日常生活で見るさまざまなプラスチック製品を製造する主要な技術であり、例えば、マーカーペンの外殻、アルコールパフュームスプレーのヘッド、医療器具、自動車部品などを製造しています。つまり、プラスチック射出の原理とは、「プラスチック原料」を「プラスチック射出成形機」で加熱溶解させて液体状にし、その後、高圧でこれらのプラスチック原料を「プラスチック型」に注入し、冷却して温度を下げることで、最終的にプラスチック製品を取り出すことができます。これが私たちが市場で見かけるプラスチック製品です。


もし、あなたが自分でビジネスを始めてOEM製造を探している場合や、メーカーが長期的な協力関係を築くためにプラスチック射出成形工場を探している場合、25年のプラスチック射出製造経験を持つ鑫宏益(HHY)が秘密を明かします。プラスチック射出成形は全9ステップを経る必要があり、これによりあなたは素早くプラスチック射出成形のプロセスを理解し、メーカーとのコミュニケーションに支障がないようになります。

では、プラスチック射出成形プロセスの具体的なステップを一緒に見てみましょう!


以下は、プラスチック射出成形の9つの手順を一覧で見ることができます:


1. 配料:

プラスチック射出加工工場は、あなたの要求に基づいて、材料と混合比率を選択し、プラスチックの混合比率に基づいて、混合機で均一に混ぜます。


2. 乾燥:

異なるプラスチック材料は、異なる温度と乾燥時間で予熱処理を行う必要があります。プラスチック射出加工工場が適切に処理しないと、プラスチックが加熱管から金型に流れる過程に影響を与え、充填不足や気泡の発生などの問題が起こる可能性があります。


3. プラスチックが成形機の筒に溶け込む:

伝統的なプラスチック射出加工工場では、材料を手作業で機械に投入する必要があります。一方、中央供給システムを使用し、プラスチックを乾燥箱や供給バケツから抽出し、無塵室内の成形機の筒に送り込むことで、プラスチックの補充過程での塵埃の付着を防ぎます。


加熱温度は、異なるプラスチックの物性により異なります。同時に、機械には保護装置があり、設定温度に達すると、さらに15分間恒温を保ちます。これは、プラスチックが完全に溶けきらないうちにスクリューが動き始めて損傷を与えるのを防ぐためです。


次に、ステップ4から6までの「プラスチック注入」「保圧(圧力保持)」「冷却」は、プラスチック成形加工の中でも、経験、技術、論理的判断などを必要とし、パラメータ設定を行う必要があります。これらの工程は、製品品質に大きな影響を与えます。


4. プラスチックを金型に注入:

製品の容量と成形条件のパラメータを設定し、筒内のプラスチックを金型に注入し、95%まで充填します。


5. 保圧(圧力保持):

プラスチックが射出されて金型に到達した後、材料の逆流を防ぐために、さらに圧力と速度を加えます。これは、ゲートが冷却して閉じる前に、溶融プラスチックが金型から押し出される可能性があるためです。そのため、適切な圧力を継続的に与えて抵抗する必要があります。これを保圧と呼びます。


保圧の設定圧力が高すぎると、金型が開放された時に製品が破裂したり、毛羽立ったりする可能性があります。また、金型が付着する重大な問題も発生する可能性があります。


6. 冷却:

上述の加工工程では、プラスチックは高温の液体状態にあります。この段階では、金型内でプラスチックが迅速に形成するために冷却が必要です。

多くのプラスチック射出加工工場では、製品の安定性、完全な成形、またはサイクルの短縮のために、温度調節装置や冷却装置を使用します。この冷却段階では、通常の地下水ではなく、純粋な水のプールを使用して、水中の不純物を減らし、冷却速度と品質を確保します。


7. 金型を開く:

金型を開いて製品とランナーを分離します。この時点で、金型の動作が正常であるかどうかを注意深く観察する必要があります。それが正常でない場合、製品が損傷を受ける可能性があります。また、製品は必ず公の型側にあるべきです。もし、母型側にあると製品は順調に取り出せません。


8. 製品の取り出し:

金型が開いた後、金型設計に従った方法でプラスチック製品を取り出します。


もし、製品の取り出し方法がプッシュピン設計を使用している場合、プラスチック製品にはプッシュピンの跡が残ります。大型プラスチック製品の底部の四隅に丸い跡があると、それがプッシュピンの跡です。


9. ロボットアームの使用

ロボットアームを使用してランナーや製品を取り出すことで、ランナーと製品が同時に落ちて製品が損傷するのを防ぎます。ランナーが開形板にある場合、ロボットアームを使用して取り出す必要があります。これは、手動でランナーを取り出すことによる生産サイクルの増加を避け、生産の安定性を保つためです。これにより、製品のハイスルーレートが確保されます。ロボットアームによる取り出し後、再度プラスチック注入ステップに戻り、これを一つの製品の生産サイクル(Cycle Time)と呼びます。


以上がプラスチック射出成形の9つの主要なステップです。現代の機械はますます高度化していますが、良質な製品の背後には、詳細な配慮が必要です。例えば、温度、圧力、速度、パラメータ設定などの微妙な違いや変化は、プラスチック射出成形の下請け業者の専門知識と経験に大いに依存します!


プラスチックおよび金属製品の代行業者をお探しですか?鑫宏益(HHY)を提供します!

上記のプラスチック射出成形プロセスから、魔鬼は細部に潜んでいることがわかります。もしプラスチック射出成形の代行業者を探しているなら、シンホンイーは製品の需要計画、製品の金型設計、金型製造、射出成形、パッケージング組立てまで、心配や手間をかけずに一度にすべてを整理することができます。

0件のコメント

コメント


bottom of page